AIと棋士

先日、「AIに将棋や囲碁をさせるのはいかがなものか」というようなお声をいただきました。
おそらくその意図は、これまで長い歴史の中で先達が積み上げてきたものを破壊する行為だとのことでしょう。冒涜とお考えになったのかも知れません。

ですが、AIと棋士とはそもそも目指すものが違うのではないでしょうか。
将棋や囲碁、その他の武術などの勝負事では結果ももちろん大事ですが、本質は自らの精神性を高める「道」にあるはずです。
いくら強くても人間性が伴っていなければ、その技はただの道具でしかありません。

一方、AIに将棋や囲碁をさせるというのは、人間の叡智を解明する過程でのひとつの試験的取り組みだと思います。
これまで個人の長年の研鑽によって得られたものを標準化するという、大なり小なり日常で行われている一般的な行為の延長です。

勝負の結果だけを見るのであればAIはエンターテイメント性や人気は損なわれてしまうかも知れませんが、今のところそういったことはないようです。

最近では藤井聡太プロが若き天才として人気を博しています。「どうせAIには勝てないんだから意味ない」といった考えもあるでしょうが、その考えは一般化されていませんし、協会からAIプレイヤーとプロの対局は禁止とも表明はされていません。それにAIだってまだ完全無欠ではないはずです。

たまたま自らを高めるための精神的な道と、人間の叡智解明の科学的な道が交差してAIと棋士が試しに勝負して「とりあえず結果はこんなことになりましたよ」というだけに過ぎないのではないでしょうか。大きな結果ではありますが、あくまでひとつの結果であって、お互いスピードや方法は違えど両者はこれからもその道の先への歩みを止めることはないでしょう。

Top